ダイエット中のおやつはNG?カフェインとゼニカル

カフェインのダイエットへの作用には、リラックス作用や利尿作用があります。食べたいという欲求がわいたときには、まずは温かいコーヒーを飲んでみると落ち着きます。
それでも食べたければ正常な食欲な可能性が高いので、食べても良いでしょう。逆に、コーヒーを飲んだら落ち着いたというのであれば、単に食べてイライラを解消したいと感じているだけの可能性があります。
イライラして食べ過ぎてしまう人は、カフェインをうまく活用してダイエットすると良いでしょう。
利尿作用のおかげでむくみが解消されて、体の冷えが取れる効果も期待できます。ただし、コーヒーは飲みすぎると体を冷やしてしまうこともあるので、飲みすぎには注意しましょう。
ダイエットの効果では、さらに脂肪を分解して脂肪酸にする作用があります。カフェインを摂取しただけで痩せるわけではなく、あくまでも脂肪燃焼しやすい状態に分解されているだけなので、カフェイン摂取後に有酸素運動を行って脂肪を燃やすようにしましょう。また、基礎代謝を高める効果も期待できます。
ダイエット中にはおやつはNGと言われることが多いですが、嗜好品としてたまに楽しんだり、ダイエットの邪魔にならない食材を選べば、かえってダイエットをサポートしてくれる可能性があります。
週に1回好きなものを1つだけおやつとして食べて良いというルールを設ければ、良い息抜きになります。寒天やアーモンドなどカロリーが低いものや低糖質なものを選べば、ダイエットの妨げにならないこともあります。
もし食べ過ぎて脂肪をたくさん摂取してしまったときには、ゼニカルを使うと脂肪の吸収を防ぐことができます。脂っこい食事やおやつを食べ過ぎたときに、気持ちのリセットとして使うと良いでしょう。

ページトップへ